不動産活用で家を売る

不動産に依頼して家を売る際には、「仲介」、「買取」の2つの売却方法があります。
依頼を請け負うスーツ姿の女性仲介は、不動産が売主と買主の間に仲介役として入り、売買契約を成立させるもので、売主が自分で買主を探す必要はなく、不動産が宣伝・広告や独自のネットワークを活用して進めてくれます。
売却価格が買取に比べて高くなるというメリットがある反面、買主を探すのに時間がかかる、見つからないことがある、不動産に支払う仲介手数料が発生するというデメリットもあります。

買取は、第三者の買主を探すのではなく、不動産会社が家を購入するものです。
買主を探す手間も時間もかからないため、相談から売却までスピード解決することが多い、仲介手数料が発生せず、仲介では交渉が困難な特殊な建物でも売却できる場合がある、一般の方向けへの内覧などでストレスを感じることがない、などのメリットがある反面、仲介よりも売却価格が下がってしまうことがデメリットとされています。
これには、仲介では売主が負わなければならない「瑕疵保証責任」が免除され、売却後の家の不具合にも責任を持つ必要がないというポイントが含まれるため、一概に価格が下がるだけとも言えないものです。