専属専任媒介契約とは

不動産との媒介契約のひとつである専属専任媒介契約では、売主は1つの不動産会社としか契約を結ぶことができません。しかし、契約を締結した不動産会社は、独占販売できる権利が得られること、1週間に1回異様、販売活動の状況がどうなっているかについて売主に報告する義務があることから、積極的に販売活動を行ってくれることになります。
不動産会社の利益となる仲介手数料は成功報酬になるため、取引が成立しないと報酬が得られません。販売のためにかかった経費の回収もできなくなるため、必死で買主を探してくれることになります。媒介契約を結んだら、不動産は、5営業日以内に「不動産指定流通機構」に物件情報の登録をする義務が生じます。

腕を組んで考える男性専属専任媒介契約を結ぶと、売主は自分で買主を探すことができないため、タイミングよく知人が売買契約を締結するということになっても、不動産会社に違約金を支払う義務があります。
また、契約を結んだ不動産会社が不誠実な場合は、実際には希望売却額で買主が現れているのに、そのことを伝えず、売却額を下げさせたうえで利益を得ようとすることもあります。
「囲い込み」と言われる常套手段であり、売り手側に不利になる可能性が高くなるため、家を売る際には、事前の不動産会社の見極めも大切な条件となります。


関連記事