専属専任媒介契約とは

不動産との媒介契約のひとつである専属専任媒介契約では、売主は1つの不動産会社としか契約を結ぶことができません。しかし、契約を締結した不動産会社は、独占販売できる権利が得られること、1週間に1回異様、販売活動の状況がどうなっているかについて売主に報告する義務があることから、積極的に販売活動を行ってくれることになります。
不動産会社の利益となる仲介手数料は成功報酬になるため、取引が成立しないと報酬が得られません。販売のためにかかった経費の回収もできなくなるため、必死で買主を探してくれることになります。媒介契約を結んだら、不動産は、5営業日以内に「不動産指定流通機構」に物件情報の登録をする義務が生じます。

腕を組んで考える男性専属専任媒介契約を結ぶと、売主は自分で買主を探すことができないため、タイミングよく知人が売買契約を締結するということになっても、不動産会社に違約金を支払う義務があります。
また、契約を結んだ不動産会社が不誠実な場合は、実際には希望売却額で買主が現れているのに、そのことを伝えず、売却額を下げさせたうえで利益を得ようとすることもあります。
「囲い込み」と言われる常套手段であり、売り手側に不利になる可能性が高くなるため、家を売る際には、事前の不動産会社の見極めも大切な条件となります。


関連記事

仲介の媒介契約とは

家を売る際には、仲介と買取の2つの方法がありますが、事情によって選択の余地がない場合もあります。
仲介は売却価格が高くなるものの、一般の方のなかから買主を募集することになるため、すぐに見つかるという保証はありません。すでに新しい家や転居先が決まっていて、すぐに家を処分したい場合や、遺産相続や離婚などの家庭の事情によって、一日も早く現金化しなければならない場合は、仲介は不向きと言えるでしょう。
家を売る際に、時間などの余裕があり、少しでも売却額が高くなるように不動産に仲介を依頼する場合には、「媒介契約」を不動産との間に締結する必要があります。

握手媒介契約とは、不動産を売買する際に、宅地建物取引業法に基づいて仲介業者となる不動産業者・宅地建物取引業者と結ぶ契約のことを指します。希望売却価格や売却が成立した際に不動産に支払う仲介手数料の額、契約の有効期間などをあらかじめ決めておくもので、この契約を締結した後に、不動産は家の販売活動を開始することになります。
媒介契約には、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があり、それぞれにメリットやデメリットがあるため、それぞれの特徴や違いについて事前に理解しておくことが大切です。

不動産活用で家を売る

不動産に依頼して家を売る際には、「仲介」、「買取」の2つの売却方法があります。
依頼を請け負うスーツ姿の女性仲介は、不動産が売主と買主の間に仲介役として入り、売買契約を成立させるもので、売主が自分で買主を探す必要はなく、不動産が宣伝・広告や独自のネットワークを活用して進めてくれます。
売却価格が買取に比べて高くなるというメリットがある反面、買主を探すのに時間がかかる、見つからないことがある、不動産に支払う仲介手数料が発生するというデメリットもあります。

買取は、第三者の買主を探すのではなく、不動産会社が家を購入するものです。
買主を探す手間も時間もかからないため、相談から売却までスピード解決することが多い、仲介手数料が発生せず、仲介では交渉が困難な特殊な建物でも売却できる場合がある、一般の方向けへの内覧などでストレスを感じることがない、などのメリットがある反面、仲介よりも売却価格が下がってしまうことがデメリットとされています。
これには、仲介では売主が負わなければならない「瑕疵保証責任」が免除され、売却後の家の不具合にも責任を持つ必要がないというポイントが含まれるため、一概に価格が下がるだけとも言えないものです。

家を売る際のポイント

夕暮れの街家を売るとなった際に、最も気になるのがどのくらいの価格で売却できるかということでしょう。
最近では、ネットの不動産サイトを活用して家に居ながらにして簡単に相場を知ることができるようになっていますが、あくまでもおおまかな価格であるため、正確な売却価格を知るには、実在店舗のある不動産に査定してもらうことが必要となります。
ほとんどの不動産は無料査定を実施しているため、気軽に依頼することができます。
また、不動産に査定してもらう場合には、一社に絞らず複数の不動産に査定してもらうことが大切です。
家の売却価格には10%前後の幅があると言われており、一社の査定だけで売却を決めてしまうと損をすることもあります。
また、複数の不動産と交渉をすることで、売却に関する情報や知識を身に付けたり、信頼できる不動産や担当者に出会うこともできます。(参考資料…高く家を売る研究

不動産に仲介してもらって家を売る場合には、仲介手数料が発生します。住宅ローンが残っている場合は、仲介手数料を含めた売却額がローン返済額より下回ると、新しい住宅資金の足しにすることはできないことになるため、注意が必要です。
現在、全国的に空き家問題が深刻になっていますが、同時に中古住宅の需要も減少している傾向にあります。マイナス金利政策により新築住宅のローンがこれまでよりも安くなり、中古住宅よりも新築でと考える方が増えているのです。買主の価格交渉に応じる姿勢をもつと同時に、専門的な知識や経験が豊富な不動産の活用も大切となります。